--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.03

小岩井育馬の証人・畠山章一氏死去

 訃報が届いたのは20日のことだった。去年のシアンモア記念の直前、取材にこたえられた時にはお元気で、とても91歳のお年が信じられなかったのだが、昨年中にご子息のいる埼玉に移られていたとのことだった。

 畠山章一氏は戦時中の昭和18年に小岩井農場に赴任、栄光に満ちた小岩井馬産にたずさわった経歴の持ち主なのだ。そしてGHQ命令による育馬部の廃止、新たに牧場経営の柱となったホルスタインの改良に実績をあげ、後年農場長に就任された。
畠山氏の職歴はそこにとどまらず、昭和60年代からは当時揺籃期にあった葛巻町の畜産を指導、今日の葛巻ブランドを築いた方だった。29日、盛岡願教寺で行われた本葬には、町長をはじめ葛巻町の関係者が目立ったが、小岩井関係の方々も数多く参列されていた。

 去年もこのブログで紹介したが、小岩井につながれていたシアンモアの印象を語る畠山氏の表情が忘れられない。「きれいな、ほんとうにきれいな馬だった。サラブレッドとして理想的な姿の馬だった。」と、厳しい審美眼を持っているはずの伯楽が、本当にうっとりとした表情で語ってくれたのだった。
 葛巻に移ってからも馬産を再開する道を探ったが、すでに小岩井ゆかりの母系も各地に散逸、結局断念をしたそうだが、シアンモアや、ご自身が最も好きだったというプリメロの話をするときのほとばしるような口調には、ずっと根っこの部分に持ち続けてこられたであろう“ホースマン”の血を感じた。

 そして小岩井の馬産の歴史について、今こそ光をあてなおす時ではないだろうか。フロリースカップの末裔、ウオッカが活躍し、今また同系が生んだスペシャルウイークの産駒ブエナビスタが女傑の系譜を継いでいる。

 岩手は、藩政時代からの馬産地であり、優れた農耕馬や名のある軍馬を育てた地である。その時代の文化を今に伝えるちゃぐちゃぐ馬コの存在は広く知られているのだが、そうした土着の「馬文化」に加え、全国に血脈を広げている、言い換えれば今も生きている小岩井血統を中心とした「競馬文化」の価値をもっと称揚して良いのではと思う。
小岩井血統は文化遺産ではなく、今もある財産なのであり、岩手競馬の存続・発展のバックボーンたりうるキーワードだと思うのだ。

 「長い時代の淘汰をくぐりぬけて生き残った血統は大事にしなければいけません」
畠山氏の言葉は、そのまま生き残らなければならない岩手競馬への叱咤激励の遺言として、重く耳にのこっている。故人のご冥福を祈りつつ、忘れてはいけない、なくしてはいけない岩手の競馬文化のことを考えてみたい。



この記事へのトラックバックURL
http://saponet002.blog121.fc2.com/tb.php/57-b2a2975a
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。