--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.27

誰か直して、日本ダービー記念日

 普段の仕事で、語学系の辞書を引くことが少なくなったことは確かだ。難しい漢字も簡単に変換してくれるし、間違いやすい用法も解説付きで画面が教えてくれる。笑ってしまったのが“ルー語変換”ページ。「君とご一緒しましょう」と打つと、ちゃんと「ユーとトゥギャザーしましょう」と訳してくれる。なんとも便利になった?ものだ。

 一方、百科事典もとんと引かなくなった。調べたい言葉で検索すれば大抵の知識はインターネット上で調べられる。そして誰かが載せた知識や方法が、ネットを通じてすばやく広く浸透していくのも今のIT社会の特徴だ。悪意の書き込み情報が一人歩きする様な弊害も指摘されるが、功罪で言えば「功」の部分が相当程度を占めるだろう。
 ただ、-悪意は無くても間違った知識があっという間に広まってしまう特性がある事は承知しておかなければならない- そう思わせる事案に競馬関係の調べものをしていて行き当たった。

 4月24日のことだった。競馬の歴史をひも解いて話題に使えそうな項目をネット上でチェックしていくと、「日本ダービー記念日」の文字が目に入った。その記載内容は下記の通り。
・・・・・・1932年(昭和11年)目黒競馬場で第1回の日本ダービーがおこなわれた日・・・・・・

 ん?シアンモアの子が2回から4回までダービーを勝ったのは昭和8・9・10年のはず。第1回は昭和7年では??当時の知識を西暦で覚えていなかったせいもあり、一瞬頭の中がこんがらがったが、終戦の年=1945年=昭和20年、という覚えやすい基準年から計算すれば、1932年は正しいが、昭和11年の数字が間違っていることがすぐに分かった。手元の書物にも1932年(昭和7年)と正しく載っていた。おそらく日本競馬会が出来た年と混同した間違いと思う。

 これだけなら、単なる誤記載例だが、「日本ダービー記念日」で検索して上位に並んだページの記載の多くに「1932年(昭和11年)」という記述が見られたのには正直びっくりした。どこかで誤記された内容が、検証されることなく広まってしまった事は想像に難くない。便利なページが多いネット上の情報だが、その全てが正しいわけではないことは心にとめておきたい。

 で、日本ダービー。大好きフロリースカップ系 セイウンワンダーで。正解かどうかは分からない・・・間違ってるだろうなぁ、これは。

この記事へのトラックバックURL
http://saponet002.blog121.fc2.com/tb.php/45-7adc7cd7
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。