--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.29

検証「夏は牝馬!」

 競馬にまつわる格言の一つに「夏は牝馬」というのがある。真夏のパドック、男馬が覇気のない目つきと歩様で、いかにもダルそうに歩くかたわらを、牝馬が軽やかに颯爽と周回する場面にぶつかることがある。

 ……でも、待てよ、それは「牝馬は夏に強い」という先入観が目を曇らせているのかも知れない……
 ということで検証をしてみた。春と夏、比べる条件をなるべく同じにするため、
春=5月24~26日の水沢+5月31~6月2日の盛岡
夏=7月19~21日の盛岡+7月26~28日の水沢
と、開催変わりをはさんだ2週間を例にとり「夏に強い牝馬」が本当か確かめてみた。

 まず、サンプルとなる各6日間中から、「牝馬特別」と「牝馬の出走しないレース」を除外した総レース数、総出走頭数、出走馬中の牝馬の数と占有率をしらべた。


    対象レース数   出走馬   (牝馬)   占有率
 春     63       606    (280)   46.2パーセント
 夏     65       634    (295)   46.5パーセント


ということで、比較する二つの期間中で大差の無いことが確認できた。

 そして馬券の対象となった頭数を比較してみた

    レース数 1着 2着 3着 勝率  連対率
 春    63  21  26  29 .333  .376
 夏    65  28  34  32 .431  .480


 なるほど、夏の方が勝率・連対率ともに10パーセント前後高くなっていた。伸び率でいえば20~25パーセント馬券に絡む率が高くなっていた。
 実は同じ調査を過去にも2度行ったことがあるのだが、今回を含め3回ともほぼ同じ結果が得られている。どうやら「牝馬は夏に強い」という格言は本当と思ってよさそうだ。

 さて、そこで「なぜ、牝馬は夏に強いのか」という理由だが、「夏は新馬戦がくまれ仕上がり早の牝馬が活躍する」「牡馬が休養に入り、牝馬の出走数が多くなる」という見方については、今年に限っていえば全く根拠が無かった。

 「夏場になると相対的に体が大きい牡馬は、体内に熱を溜め込んでしまうので体が小さい牝馬が有利」という意見は傾聴に値する。

牡馬の勝ちクラを見ると
    500kg以上   450kg未満
 春    9        4
 夏    4        8


(一方の牝馬は、もともと500kg以上のグラマーが少なく、春夏とも勝ち馬の体重は430~460kgあたりが中心であり、有意の差は見出しがたい。)
 「牝馬が走るようになる」、というよりは「男の大型馬がバテて走らなくなる」という部分が大きいかもしれない。
……でも、それが最大の要因というのは味気がないわけで、ここはやはり、「人間といっしょですよ、夏になると女の子のほうが元気いいでしょ、浜辺でビキニ着てワイワイキャーキャーやってるそばで、男はダラ~ンと寝そべってることが多いじゃないですか、夏は女の子ですよ!ワハハ」というかなり乱暴でセクハラまがいの答えを寄せてくれた某関係者の意見をベストアンサーとして記しておく事にしよう……。
この記事へのトラックバックURL
http://saponet002.blog121.fc2.com/tb.php/36-284352fe
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。