--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.22

激戦の歴史~石桜杯~

 好調馬が揃う中堅クラスの条件特別は時に手に汗握る大接戦となることがある。平年を大幅に上回るスピードで桜前線が北上中のため、今年の石桜杯は花が盛りを過ぎてからのレースになるが、かつてこのレースには、詰め掛けたファンの歓声のボルテージがそれこそ“満開”状態にヒートアップした歴史がある。

 1988年(昭和63年)5月23日、旧盛岡競馬場で行われた第14回の石桜杯は最後の直線、幅16mの直線に8頭が広がっての大激戦となった。
 混戦を抜け出して勝ったのは、カムイシューパールという馬だったが、4分の3馬身差の2着にはウエンパーシアとサンシャインパレスが同着で入ったのだ。
 そして驚くことには前記2頭から頭差でゴールドクロスとモガミハグロが4着同着で続いたのである。同着そのものはそう珍しくはなく、1開催に1度程度は普通にあるが、同一レースで(しかも入着圏内で)2度記録されたケースを他には知らない。

 加えて言うなら、7着までが0秒3差、およそ1馬身半以内の差でゴールになだれ込んだのだ。ゴール直前7頭が横一線、掲示板上に「同」の電光掲示が2つという岩手競馬史上最大の激戦・熱戦だった。
 ただ1頭大きく置かれた馬もレース中はトップ争いに加わっていた。つまり、馬券を買っていたすべてのファンがギリギリの最後まで指名馬の的中を信じてレースを見つめていたわけだ。

 そのとき確か自分は馬券を取れなかったはずだが、半分負け惜しみながらも、残り半分は正直な気持ちとして「実に素晴らしいレースだった、満足できた」と思ったものだ。過去の名勝負を挙げよと問われたとき、思い当たるのはほとんどオープン馬の重賞競走だが、この年の石桜杯は、大レースに混じって思い浮かぶ数少ない条件レースなのである。

“あんなレースをまた見てみたい”、石桜杯の季節になると毎年そう思う。果たして今年はどんな勝負が見られるだろうか・・・期待をこめて見守りたい。
この記事へのトラックバックURL
http://saponet002.blog121.fc2.com/tb.php/24-7ef02b48
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。