--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.19

啄木と皐月賞

 4月13日(金)、石川啄木の没後100年の記事に目を通していたとき、啄木の盛岡中学時代の同級生を紹介するコラムに、日本の競馬の発展に功績のあった一條友吉の名前を見つけた。同窓であることは知っていたが、卒業名簿を調べれば確かに明治36年3月卒業の同期だった。(正確にいえば啄木は最終学年の秋に自主退学しているのだが校史では卒業生と同じ扱いになっている)。

 二級上に文学博士の金田一京介、三菱重工社長・郷古潔、及川古志郎海相、田子一民農相。一級上に板垣征四郎陸相、作家・野村胡堂と、錚々たる学友に混じって、天才詩人と稀代の馬産家が学んでいたのだ。もっとも野球部で活躍していた一條友吉と、相当無茶はしても文学系の啄木の間の交友は薄かったようだ。しかし、昭和34年岩手日報社刊「人間啄木」には、二人がそれぞれ張り合っていた別々の派閥に所属していたという記述がある。また、友吉の従妹に、啄木と同時代に才能を発揮しつつ18歳で早逝した詩人一條雅子がいるが、雅子は、啄木が盛岡中学を退学後上京した際たよった先輩・細越夏村と後に結婚している。調べてみればいくつかの接点を見つけることができた。おもわぬ発見に嬉しくなった自分は、当日のラジオで一條友吉ゆかりの馬、ゴールドシップを応援すると宣言していた。


 4月15日(日)、果たして皐月賞はステイゴールド×メジロマックイーン牝馬という現代の「黄金配合」の芦毛馬ゴールドシップが圧勝した。血統表がアルファベットで覆い尽くされる馴染みのうすい血統の馬が多くなった中、カタカナの多い血統の馬にはなぜかホッとさせられる。「ああ、この父親はしっている、この馬のお母さんは強かった・・・」と頭のなかで血をたどっていける楽しみがあるからだろう。

 ゴールドシップの場合、母の血統をたどれば、前述の一條友吉がアメリカから輸入した下総御料牧場の基礎牝馬「星旗」にたどり着くのだ。1930年代初頭に輸入されて80年、戦前のダービー馬・大種牡馬クモハタ、JRAの顕彰馬で50年代に渡米し活躍したハクチカラ、70年代の菊花賞馬ニホンピロムーテー、90年代前半の悲劇の名牝サンエイサンキューと、忘れたころに大物を出して生きながらえてきた血統だということがわかる。天才は、えてして傍流の血統から生まれるもの。母の父メジロマックイーンが、アサマ→ティターン→と3代続く内国産天皇賞馬というだけで応援したくなるのに、ステイゴールドとの黄金配合に加え、「星旗」の血がスパイスを利かせている
ゴールドシップには怪物の予感がある。鞍上内田博幸の好騎乗に勝因を求める声もあるが、それだけでは語れない強さを感じた。


 当日、トータルでは、吸い込まれてしまった・・・・。ただしかし、56の心もまたゴールドシップの強さに完全に吸い込まれた。須貝師の言葉どおり、一條友吉ゆかりのこの馬で行けるところまで行ってみたい。


スポンサーサイト
Posted at 16:13 | 岩手競馬 | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。