--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.14

華やかさに彩り・瀬谷佳子アナ

 LJS2戦の場内実況をIBCの瀬谷佳子アナウンサーが務める事になった。本人は大変張り切っていて、熱き女の戦いを伝えるべく気合が入っている様子だ。

 今、現役で競馬の実況をしている女性アナウンサーは、北海道の小枝佳代さんと瀬谷アナだけで、いわゆる局アナとしては瀬谷アナは国内唯一の存在である。

 競馬の女子アナといえば、草分けは元RFラジオ日本の井口保子さんだ。昭和46年に初実況というが、当時ファンを含めた競馬の世界はいまよりはるかに「男社会」だったはずで、井口さんは異色を放つ存在だったと思う。

 その井口さんの活躍を放送局レベルで受け継いだのが実はIBCなのだ。井口さんの登場から10年後の昭和56年、岩手競馬が世界の女性ジョッキーを招いてのレディスカップを行うに当たって、担当の菊池・鈴木両ディレクターの発案で、「女性のレースは女性で」という話が持ち上がった。「本当にできるのか」という声もあったが、「いや、実際にやっている人もいるから大丈夫」と井口さんの実績が後押しをして女性競馬アナの育成につながったのだった。

 入社3年、いきなり教える立場になって戸惑いもあったが、IBC初代の村松文代アナウンサーはたちまち実況を物にした。今思えば恐るべき才能だが、本人は自然体、おなじみのハイトーンの声で的確に描写した。
 彼女の成功でその後も数人の実況アナを育成したが、全員がデビューできたわけではなく、その後のデビューは2人。2代目は、播磨屋美貴子アナウンサー。ややおっとりしたしゃべり方だったが、レースを追う目はしっかりしていた。
 そして3代目が瀬谷アナウンサー。最初は力みすぎが目立ったが、キャリアを重ねるにしたがっていい感じにこなれてきている。なにより競馬を好きになってきたのが大きい。取材力もあり今や「頼れる」存在になっている。韓国通の彼女だが、その韓国にもキム・スジンさんという競馬アナがいるとか。いつか日韓女性競馬実況交流などという企画が実現できたら面白い。

 HPからたどってPCで瀬谷アナの実況を全国のファンが聞くことも出来る。「女だから」というアローワンスは無い時代、本人も良い実況をしようと緊張して本番を迎えると思うが、代われる者はいないのだから、月並みながらせめてエールを送ろう。がんばれ瀬谷佳子!

スポンサーサイト
Posted at 12:00 | 岩手競馬 | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。