--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.02.22

菅原勲を追いかけよう

 南関東に短期所属・騎乗中の菅原勲騎手の腕が冴え渡っている。川崎に移動してすぐに行われた佐々木竹見カップで総合優勝。その後も順調に勝ち星を伸ばして8日までに10勝を挙げている。

 盛岡の場外発売に遊びに行ったのは7日。この日は勝ち星こそなかったが、第6レースでは2番人気の差し馬ローランウインキーに騎乗、なんと一番人気のキシュウトレジャーのハナを叩いて果敢に先行、結果差されたが2着に粘った。普通に差して勝負という手も当然考えられたと思うのだが、当日はドロンコの不良馬場。後ろからくる馬は苦戦しており、スタートを決めて逃げの手を打ったのは勝負師・菅原勲の面目躍如たる所だろう。そして2着に残したのは腕ということか。

 さらに見せ場を作ったのはメイン、JRA500万下との交流戦フレンドリービット特別だった。人気は6枠に入った2頭。JRA所属で去年夏まで1000万下に在籍、ここでは明らかに格上位の7番ボーナスフィーバーが1番人気、その内6番はかつて岩手に所属、現在船橋のB2クラスの成長株ノムラサッカーオーで、これが2番人気に推されていた。
 一騎打ちムードの中、菅原勲騎手は5番・JRA所属のエーピーレジェンドの鞍上にあった。非力なタイプで距離(1,600m)も長いかも・・・という評判でこのレースでは7番人気にすぎなかった。一ファンとして「イサオならなんとかしてくれるかも」という期待で見守る中、またもや好スタートで一歩抜け出した。しかし第6レースと違ったのは、他の騎手もすでに先行馬有利の当日の傾向を掴んでおり、外から一気にかぶさるように殺到。ハロンラップ11秒9-11秒4のハイペースになった。
 ここで菅原勲は、スッと馬を控えた。馬との折り合いに専念してじっと我慢、そして3角、先行馬が失速をはじめるのにあわせて追い出すとするすると上昇、先頭に立って直線に向かったのである。結果はノムラサカーオーの差し脚が勝り、2着に敗れたのだが、本命のボーナスフィーバーには先着、高配当を付けた。

 レース展開の的確な読み。とっさに作戦を切り替えられる頭と体の反応の良さ。今の菅原勲騎手は勿論馬券的にもだが、レースに行ってのパフォーマンスを見る意味でも“追いかけて損のない”輝きをはなっている。
スポンサーサイト
Posted at 17:36 | 岩手競馬 | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。